猫カフェで癒されたい~

スポンサーリンク

猫好きは猫カフェで癒される

保護猫カフェで猫さんとお見合い

猫好きの人なら、猫カフェを訪問するだけでも癒されますね。空前の猫ブームともいわれていますが、繁華街なら数軒の猫カフェを探すことができます。最近は保護猫の施設が猫カフェのような形態でカンパを募っているようなところも多いです。よくある猫カフェですと、そっけない猫ちゃんたちがたくさんいて、お店のきまりもかなり厳しくて、ネコちゃんが嫌がることはしない(無理に抱っことかしない)みたいなところが多いです。さすらいの猫カフェ経験からいうと、保護猫の施設の猫ちゃんの方が愛想が良いです。キャバクラと風俗ぐらいの違いがあるかもしれません(女子なんで、詳しい違いは判りませんが)。保護猫施設併設の猫カフェなら、希望すれば家族になってもらえるかもしれません。派手な洋猫はあんまりいませんが、たまに長毛種の猫ちゃんがいることもあります。

猫カフェの料金システムは?

猫リパブリック(お茶の水店)雪之丞さん

猫カフェの入場料ですがワンドリンク数千円しかも1時間とかどんどん延長料金がかかってしまうタイプのところも多いです。オプションでおやつ(フルーツ盛り合わせ?とかボトルキープみたいなもん?)とかおもちゃとか全部有料だったりします。

閉店間際の猫カフェは人が引くと同時に猫さんたちもオネム。。。

 保護猫カフェの場合、お気持ち投げ銭で1000円くださいとかそんなところもありますから、お気に入りの猫さんにこだわらないのであれば、いろんな猫カフェを訪れてみるのも良いでしょう。まあ、気持ちの上では保護猫カフェを渡り歩いたほうが、少しでも猫さんたちの力になれるかもしれないなと思います。

こっち見るにゃ!

モフモフするのがリラックスにつながる?

筆者、猫好きなので猫だけの画像でお送りしています。

 猫カフェ以外にも、猛禽カフェやウサギカフェなどいろいろな動物と触れ合えるカフェが増えています。猛禽類、特にフクロウさんなどは、個人で飼うの大変なので、動物園で見るよりも近くで楽しめるので、気軽に訪れても良いかもしれません。フクロウさんの餌は生きている〇ズミさんや虫だったりしますから、なかなか飼うのには覚悟が必要です。ほかにも珍しい小動物に出会えるカフェがあるので、楽しそうなカフェに遊びに行くのも良いでしょう。注意が必要なのが、子どもさんの入場を断るところや、時間制限があるところも多いので、お子さん連れの場合は事前にお店に確認しましょう。また休日は混雑していて入れないこともあります。あらかじめ予約をして入店するのが良いでしょう。さらに、お店によっては触らせてくれる猫ちゃんがほとんどいないところなどもあるので、訪れるまえにお店のHPで猫さんたちの顔写真チェックとともに、おさわりOKかどうかをチェックしてから入店したほうが、フラストレーションがたまらないので良いですよ。

【番外編】本当にあったこんな猫カフェは嫌だ……

猫カフェあるある① 猫さんキャストすべて就寝中

これ閉店間際の入店時によくあるパターン。キャストの方全部寝てるんです。。もちろん起こしたりしないでくださいと注意されてますので、正直何しに入ったんだかわからない……。

猫カフェあるある②? 飲み物から猫尿の臭い…

秋葉にあった某猫カフェ(多分今はもうない…)生ビールからなんとなく猫尿の香りが。。。実家多頭飼いだったんであの臭いよくわかるのですが、厨房にあの匂いが充満しているのか。。。ゴミ毎日だしてないんじゃないかと思います。猫カフェでフード出すのも(もちろん部屋は別)無理があると思います。なので、フードアリのお店はやめたほうがいいかもしれません。(最近出かけて行った猫カフェでこのシステムはないので、猫カフェ創世記だけのことかもしれません)自分たちのフード込だから結構なお金払ってますが、そんなことならもうちっと猫さんたちの寄付金に回したい……。

猫カフェで猫アレルギー発生③

これは保護猫カフェに行った時のことなのですが、ネコさん100匹くらいケージに入っているので、正直一度にこれに入ってしまうとよほど慣れたひとじゃないと……出ます。我が家では猫飼ってなかったので、ネコ免疫があまりない娘さん連れていきましたらカフェ出た頃には、顔が腫れてました。致し方ないことなのですが、ネコを飼っていないご家庭の方でお子さんを連れて遊びに行かれる方は、ちょっとご注意が必要かもしれません。

以上、ネコカフェレポートでした。

Bitnami