断食合宿で腸内環境をリセットする

スポンサーリンク

断食合宿に参加する断食体験


デトックスとか毒素抜きという言葉もすっかり定着しましたが、断食健康法は結構古くからある健康法です。個人でする断食は知識のないままにすると、深刻な健康被害を起こすこともありますし、誘惑に負けてしまって断食メニューをこなせないことの方が多いでしょう。意志が弱くても断食のプログラムをきちんとこなすことが出来るのは、専門の施設などでサポートを受けて無理なく行うからです。初心者だけど断食して体をリセットしたい!って思ったなら断食のサポートをしてくれる施設を利用するのが良いですね。私も独身時代に断食合宿というものに参加したことがあります。ここでは簡単ですがその時の様子などをお伝えできればと思います。私が体験したのは伊豆にある酵素ドリンクを飲みながら10日間で断食から回復食までを経験するプログラムです。

断食道場ではいろいろなプログラムを体験できる

私が体験したのは伊豆にある断食道場でした、その当時は私が体験したやすらぎの里とニンジンジュース断食の2つくらいしか本格的な断食プログラムを行っているところはありませんでした。当時もどちらにしようか迷ったのですが、たまたまやすらぎの里の食事が自然食にこだわっていておいしそうだったのでそちらを選びました。ひとりで参加したのですが、ほとんどの方がおひとりで参加されていて、たまにお友達同士で参加されている方もいました。ヨガや簡単な体操、針やお灸など、手わざを使ったプログラムも組み込まれていて、10日間は空き時間を合宿所の周りを散歩したりのんびりと過ごせました。このときに体験した吸い玉は痣がたくさんできましたが、面白い体験だったと思います。何度もリピードされている方もいらして、その方たちも、ここのご飯がいちばんおいしいですよ。とおっしゃっていたので、断食して後のご飯だけを楽しみに、日々プログラムに励んだら、あっという間に終了しました。その時は10日で7キロくらい体重が落ちたと記憶しています。

断食道場を体験して分ったこと

断食プログラムは最初に水マグという下剤を飲んで身体の便を輩出した後、酵素のドリンクを飲んで過ごす5日間過ごします。その後重湯といわれるおかゆから始めて、玄米粥を少しずついただいて、最後の日に普通食をいただいて終了です。もともと食事の時間が不規則な生活をしていたので、食事を抜き始めるとあるといわれる倦怠感や体調不良はありませんでした。断食をすると五感が研ぎ澄まされるという経験もできました。人によっては聴力が良くなったり、嗅覚が強く感じられるといいいます。(自分の体臭が強く感じられるのが良くある現象らしいです)。私は使っていた化粧水のアルコールがきつくて顔に塗っただけで酔っぱらってしまいました。さらに断食後は味覚がものすごく敏感になるので、味の濃いものが食べられなくなりました。特に菓子パンなどは食べると頭が痛くなるよと言われていたので怖くて食べられませんでした。

断食道場でのプログラムが断食初体験でしたが、これを体験したおかげで、その後手軽に週末断食や海外での断食プログラムへの参加なども抵抗なくチャレンジできました。減らせた体重は7キロ程度ですが、それ以上に体の調子が良くなったし、リフレッシュできたようでした。

Bitnami