偏差値激高!受験の神様のレイライン東大近辺

スポンサーリンク

本郷東大近辺の天満宮

 日本でいちばん!偏差値が高いと言っても過言ではない本郷の東京大学、本郷キャンパス周辺には、関東での受験の神様、湯島天満宮と東大エリアの氏神様に当たる、根津神社、白山神社がございます。東大といえば頭脳の明晰な学生さんたちが集っているわけで、その地にあやかって合格祈願などをされる学生さんも多いようです。
 湯島天満宮が菅原道真をお祀りしていることから、学問の神様で東大を取り囲むことができるのでは?三角形の封印を描いてみたら合格祈願としてもよろしいのでは?と思いまして、湯島天満宮さまを起点に文京区の学問の神様を並べてみたら、三角ではなく直線のレイラインが作れました。受験生のお子さんがいらっしゃる方は是非とも参拝してみると良いでしょう。

東京の天満様、湯島天神

湯島天神の鳥居


湯島天神の本殿


 湯島天神は東京の天満宮として多くの受験生に頼りにされています。毎年ひとつの棚が軽トラ一杯分くらいあるのではないか?という合格祈願の絵馬棚に、何重にも絵馬が下げられています。絵馬棚はいくつもあってどの棚もいつ行っても鈴なりになっています。

いつでも満載されている合格祈願絵馬


授与品の五角(合格)鉛筆はマークシート試験の時の頼もしい味方になるでしょう。

 境内には梅の木がたくさん植えられていて(天神様なので)、梅の見ごろのころには、誰でも参加することができる野分の茶会などが開かれています。千代田線の湯島駅からほど近くにあり、交通の便も良く外国人観光客も多く訪れています。

神社名 湯島天満宮
住所 〒113-0034 東京都文京区湯島3-30-1
電話 03-3836-0753
御利益 学業成就・合格祈願

ドラゴン桜の櫻木神社

櫻木神社の鳥居、うっそうとした緑に包まれている


櫻木神社の本殿


 丸の内線、大江戸線、本郷三丁目駅近くにあるこじんまりとした神社です。神社の境内には烏骨鶏が飼育されていて、都会のど真ん中にもかかわらず、のんびりとして空気を醸し出しています。

櫻木神社のトレードマークでもある烏骨鶏


境内には烏骨鶏のポストカードも販売されています。本郷の東大キャンパスに最も近いこともあり、合格祈願をする学生も多いようで合格祈願の絵馬がたくさん奉納されています。この神社の特色としてはなによりお礼の絵馬が多く飾ってあることかもしれません。

櫻木神社の絵馬棚

 東大生を多く輩出している御三家の有名女子校(ドラマの下剋上受験でも主人公が目指した名門校です)への合格お礼の絵馬なども見つけることができます。

有名中学合格のお礼絵馬

漫画ドラゴン桜では20巻で受験生が合格祈願をするシーンにこの櫻木神社が出てきます。文京区内の願いが叶うパワースポットとしても有名です。

神社名 櫻木神社
住所 〒113-0033 東京都文京区本郷4-3-1
電話 03-3811-8535
御利益 諸願成就・合格祈願

牛天神こと北野神社

牛天神、参道の石段を上がった所の鳥居


牛天神北の神社の本殿、参道の石段を抜けると本殿の側面が見える


 湯島天神、櫻木神社を後楽園方面に抜けて飯田橋とのちょうど中間点あたりにある、小高い丘の上にある牛天神です。大通りからは外れていて、細い参道に当たる階段を上がっていったところにある別空間のような場所に天神様があります。牛天神は貧乏神さまと願い牛の石をお祀りしています。

天宇豆女命(太田神社)、宇迦御魂命(高木神社)が一緒に祀られている


 期間限定の御朱印があり、御朱印集めが趣味の方には注目されている神社のようです。ただし、こちらの御朱印は宮司さまがいらっしゃるときにしかいただけないそう、御朱印をいただくのであれば事前に電話で確認するのが良いようです。季節ごとの限定御朱印の情報は神社のHPに記載されています。下の表の神社の名前をクリックすると北野神社のホームページに接続します。またこちらの御朱印は初穂料が500円と少しお高めです。

神社名 牛天神北野神社
住所 〒112-0003 東京都文京区春日1-5-2
電話 03-3812-1862
御利益 学業成就・合格祈願

撫でて撫でて撫でまくれ!撫で牛の秘密

 湯島天神と牛天神北の神社にはなでることでご利益をいただける「撫で牛」がお祀りされています。

湯島天神の撫で牛①手水舎の裏にあり、撫でにくい位置にある


 この撫で牛、悪いところは良く撫でて良くなるようにとお願いする「病気平癒」だけではなく、合格祈願のようなお願い事をすることもできます。撫で牛の伝承は江戸時代頃より始まったようですが、子女を守ってくれるということで熱心な信仰の対象ととなっていたようです。

湯島天神の撫で牛②こちらは本殿側にあり、なでまくる人多数


 北野天満宮をはじめ天神様で牛を祀っているところが多いのは、稲荷信仰における狐が眷属であるように、聖獣として信仰の対象になっています。菅原道真が牛をとても可愛がっていたという伝承があります。

牛天神には狛犬のほかに1対の牛が安置されている


牛天神の牛石(源頼朝がこの石に腰かけたところ牛に乗った菅原道真公が夢でお告げをしたという

天神様には伏した牛の像を安置しているのが多いことも菅原道真公の伝承によるものです。
 天神様にお参りするときは撫で牛を思う存分、撫でまくると満足感があって癒されます。

Bitnami