月刊ムー10月号、勝手にレビュー

スポンサーリンク

月刊ムー10月号を書店で探す46歳


さてお約束のムーのレビューです。今月号、正直忙しくて買うのを忘れておりました。とはいえ9日発売の本を発売3日後に書店に買いに行きまして。あると思われてた書棚の前で一考。。。(ないな。。。棚変わったのかな?)と書店内を回遊3週目でリタイアし、書店員さんに。「学研のムー欲しいんですけど」と46歳主婦の発語にはかなり、つらいキーワードの呪文を唱えましたところ。調べるまでもなく、「売り切れてます」と眼鏡男子書店員に瞬殺されました。。。
仕方がなく。。。子供の参考書(中学入試歴史)と本をパラパラするだけダイエットという面白そうな本を買って、帰りにリニューアルオープンした近所のマックで満月月見バーガーとゆずフィズのセット買って帰って子供といただきました。
月見バーガー、毎年惹かれるのですが、3年に一度くらいしか期間中にいただけることがないので(大体、月見の季節なのを忘れてたり混んでる店内を見て購入を断念する)、ムーが買えなくてもまあいいかなと、でも月見バーガーおいしかったので、満月じゃないやつも食べてみたい。(去年は月見食べ損ねてグラコロ買ったらおいしくなかったのを思い出しました。。。)でも、この書店。。。先月はバックナンバーもあったんだけど。発売日に行って3日でなくなる程度の配本なのかと、来月は予約でも願いしてみようかな。

月刊ムーは秋葉原の大型書店で平積みに

ムーが買えなかったことを主人に伝えましたら(別に主人はオカルト好きな人ではないのだと思いますけど)、たまたま秋葉原で見てもらえたら、ありました。平積みになってたよ~とのことです。今月号、どうして読みたかったのかというと、妖怪「ヌエ」の正体はレッサーパンダ? 古生物学者が大胆な仮説というちょっと話題になっていたものの特集記事が載っていたからです。鵺って鳥じゃないの?というところから、鵺のなく夜は恐ろしい「金田一幸助シリーズの悪霊島」からの勝手な印象で、あれれレレ?となりましたので強く読みたいと思っていたのです。確かに既出感はありましたが私はほかの雑誌は目を通してないので、十分満足な記事でした。

他にはロシアからやってきた日本人物理学者のスミノフ物理学の記事がかなり興味深かったです。アマゾン読み放題かどちらかで揺れるところですが、付録のオラクルカードはそんなに魅惑的ではありませんでしたが、アマゾン読み放題で読みたい本がほかになかったのでムーだけでいいかなと。。。ちょっとそんな感じです。たぶん、年代も一緒なんだろうなと思う辛酸なめ子さんの魂活道場で、ドクターコパがかなり嫌味な感じの人に描かれていてちょっと違和感がありました。風水師の人たちって、優しい感じの人いないので、なんというか強引で嫌われるように仕向けている感じがしました。お客様商売してると多分クレーマーに精神やられるんだろうなと邪推。辛酸なめ子さんは武蔵野美術短期大学なので一緒かしらと思ったら少し下の方でした。短大だから完全にズレてるのですが、彼女とかはケンタロウさんとはかぶってるかもしれません。と思ったら彼も短大(しかも私と同じ年の入学)で途中バックレみたいなので、かぶってないことを確認。ケンタロウさんは入学当初ものすごくアクが強い方と評判でした。まあ、そういう人の方が見てて面白いのでテレビ向きだとおもいます。毒舌な人も流行るし。

ダイエット書籍界のダークホース?めくるだけダイエット


これを見た時に背表紙だけだったのですが、今時パラパラ(ダンス)とか流行るのかしら?と思った恥ずかしい私ですが、年齢的なものですね。こちらはなんと、パラパラとめくるだけの速読ダイエットです。本は読まなくてもいいらしいのですが、食事の前にパラパラめくれば理想の体型に近づけるという、アメリカの心理学うんぬんん。。。。。ととてもいかがわしいことこの上ないので、ついつい飛びついていました。なんにせよ脳をだませたら痩せられるんだと思います。きれいな癖のない写真(感動的でもないというか、良くも悪くもないストックフォト)と数字のカウントダウンがすごく気になるのですが、最後の写真はジャンクフードととても太った人のぜい肉が印刷されています。←これはめくっているときには全然気が付かないので、深層心理に焼き付けるのが目的ですね。チョコレートハンバーガーラーメンビールがぜい肉と紐づいていました)痩せることをイメージさせる図案や写真がそこかしこに仕組まれていますが、これはたぶんパラパラしているときにはよくわからないまま、ステルスで太ったものへの嫌悪感を埋め込んでいるようです。

健康的に痩せるビジュアルを未来に設定するのが鍵?


この本はアメリカの最新医療で使われる「言葉の暗示」と「視覚の暗示」で無意識に働きかける、1回10秒のダイエットとあります。巧妙に深層心理に働きかける、痩せていく人の体のシルエットや数字の形の中に野菜や豆などのヘルシーな食べ物が美しい写真で作られています。どれくらい刷り込めるのかよくわかりませんが、騙されたと思ってパラパラ食事の前にめくってみるのがいいのかもしれません。なんにせよ脳にそういったイメージを焼き付けるのは有効です。子供にも夕飯の前にめくらせています。

毎回猫さんにチャレンジ中。今日は、門の上で家を守る狛犬みたいな猫さんたちの片割れさん。野良さんなのかもしれませんが、日光の眠りネコみたいです。

Bitnami